菜の花通信

月別アーカイブ: 2016年5月

松原のいえ 5月

★リア充〜 (松原のいえ)

のんびり屋さんのG様ですが、この1ヶ月は施設の行事で野球観戦に

出かけたり、週末には妹さんと美容院&ランチ。

名駅までヘルパーさんと映画やボーリングにも出かけられました。

熱心なドラゴンズファンでおしゃれにも気を抜かず、アクティブに過ごしているG様。

今風に言うなら「リア充」です。

そんな素敵女子G様を横目に、私と言えば休みは家でゴロゴロ、

趣味もなくアクティブとは程遠い生活。

高齢になっても楽しみを持ってはつらつと・・と

いつも利用者さんに対して思っていたけど、意外とできていない自分かも・・と感じました。

この夏はG様を見習って、小さな楽しみをたくさん見つけてみたいな〜と思います!

 

 

(あや)

正木の家 5月

  • 笑顔でね!ずっといつまでも

 

5月2日、入院中だったA様が永眠されました。

先月書いたように食事も始まり、お見舞いに行くとお話&沢山の笑顔。

職員はまだかまだかと帰りを待っていました。しかし、 A様の身体はもう限界だったようです。

食事を始めては誤嚥と熱発を繰り返し、CVポートから栄養を入れない限り、 身体がもたなくなっていました。

息子様は最後は正木の家でと望んで下さり、「 母の気持ちになって考えたら、正木のあのリビングがいい。 」と。

食事も正木の職員さんからなら食べれるかもしれない」 ・・とも言って下さいました。

本当に、本当に出来る事なら応えたかった。

しかし、ポートが取れない限り正木での受け入れは難しく、他施設への転居が決まりました。

結局、転居予定の日に熱発。その後もメドが立たぬまま病院で最後を迎える事ととなりました。

亡くなる4日前に病室に行った時、苦しそうながらも、笑顔で応えて下さったA様。

「退屈だね~」と言うと、「そうなのよ~」と笑いながら言って下さっていました。

「いっつも笑顔!!」それがA様でした。

そして最後のお顔もやっぱり「笑顔」でした。

A様からもらった笑顔の幸せを、これからは沢山の人に分けてあげられるようになりたいと思います。

笑顔=幸せ。

本当に沢山の幸せをありがとうございました。

 

(あすか)

今、おもうこと 5月

前月号に続き、古い手帳をめくりながら、 15年を振り返ってみました。

その時のご縁やお力添えでうまく運んだこと、残念ながらそうでなかった

ことなど、その時の緊張感や空気の感じを伴って思いだしたりしました。

予期せぬことが起こるのが当たり前だと、耳の奥で聞こえるような気もし

ますが、まずは今日という日。これからもひるまずたゆまず毎日を紡いで

いこうと思っています。

本当にいつもありがとうございます。