菜の花通信

月別アーカイブ: 2017年3月

松原のいえ 3月

★夢見ごこちはいい気持ち?(松原のいえ)

ある日の朝、Yさんが「 昨日お酒をいっぱい飲んで酔っ払った夢をみたよ〜 」と
話してくださいました。

「久しぶりに酔っ払って楽しかったなぁ〜」と、まるで本当に飲んでいたみたい。

「楽しい夢がみれてよかったね〜 」と二人で話していたら・・・
後から起きてきたOさん、

「 私、昨日お酒を飲んだ夢をみたの、楽しかったわ〜」とまさかの同じ夢の話でびっくり!

YさんもOさんも昔はお酒を楽しんでいたんでしょう。
今ではほとんど飲むこともなくなってしまったお二人ですが、
楽しい夢がみれてよかったなと、嬉しい気持ちになりました。

(あや)

正木の家 3月

★治ってよかった〜(正木の家)

K様が右上腕を骨折してしまいました。1週間程前から「腕が痛い」とは言っておられたものの、
外傷や腫れもなく動かしておられた為、様子をみていました。

しばらくして肩の下あたりがぷっくりと腫れ、右腕が動かせなくなってしまいました。
坂文種病院救急を受診すると、骨折との事。
大きなギプスをして帰って来られました。
痛いと訴えていた時、もっと早く気付いて受診していたら骨折まではいかなかったかも。

毎日のように「頭が痛い」、「目が痛い」等と様々な所が痛いと訴えられているK様。
この時も同じように考えていました。
毎日の訴えに慣れ、認知症介護の基本である、『気づき』や『観察』ができていなかったと
反省しました。

認知症ケアに慣れる事、その人に馴れる事は悪い事ではないと思います。
しかし、慣れることによって大切な事を見落としたり、疎かにしてしまう原因なります。
いつでも初心を忘れず、些細な事にも気づけるようでないといけないなっと感じました。

そんなK様。全く動かせなかった右腕ですが、
3週間もたたないうちに食事も右手で食べ、車椅子のストッパーも右手で外し、
動くわ動くわで職員、ご家族、北川先生もびっくりです。

恐るべし95歳!

今、おもうこと 3月

アンガーマネジメントという怒りの感情をコントロールする手法、
近ごろ注目されているそうです。
企業で働く社員のストレスマネジメントや、小・中学校の教育プログラムにも組み込まれているんだとか。
そんなノウハウのひとつが、「 怒りの6秒ルール 」。怒りのピークは6秒しか続かな
いので、この6秒をやりすごすと、怒りをやわらげることができるらしいです。
アタマ来たー!って感じたら、深呼吸しながら6つ数える。
確かに後で考えたら、なんであんなに怒ったのだろう?ってこと、よくありますね。

毎日の暮らしの中、腹の立つことはたくさんあると思います。怒りの感情を抑えるのでなく、
感情のピークをやり過ごすのが極意だとか。
はずみで言わなくてもいいひと言までいってあとで後悔するよりも、
そこはひとつ6秒ルールで!

どうぞお元気でお過ごしください。

丸山秀樹