菜の花通信

月別アーカイブ: 2017年8月

松原のいえ 8月

★永らくおつかれさま〜(松原のいえ)

8月入ってすぐのある日、冷蔵庫が壊れました。
冷凍庫が使えなくなってしまったのです。
慌てて修理屋さんにきてもらいましたが、そろそろ寿命・・・とのことで、
新しい冷蔵庫を買うことになりました。

最新式の冷蔵庫はちょっと大きくて、省エネもバッチリ。
でも今までの冷蔵・冷凍の引き出しの配置が違うので、
間違えて何度も開け閉めしたり、暗黙の了解でバターや味噌などの場所が決まっていたのに
あれドコドコ?となってしまい、なんだか調子が狂います。
当たり前だった今までの冷蔵庫のありがたみを感じました。

気がつけば松原のいえも8年目、
冷蔵庫もずっと活躍してくれました。
今までありがとう!

 

(あや)

正木の家 8月

★これからもよろしく!PART2

正木の家にもうひとり、新しい方が入居されました。
パワフルな81歳N様。
初めてお会いしたのは坂文種病院でした。
お会いした時、 N様からはえもいわれぬ強い生命力を感じました。入所してからも、
「 まだまだ私は頑張れる」そんな力強さを感じます。
ほとんどない歯でどんぶり一杯のご飯を食べ、歩けなくなるからと、手すりを使って歩行練習をしたり・・・。
自分がこうと決めたら絶対に譲らないかたくなな性格。
生き抜こうとする前向きさと自信が感じられるのです。
前向きに生きる事、自分を信じ続ける事がいつまでも元気で生きられる身体を作るのだと感じさせられました。

菜の花ヘルパーさんや、正木の家職員さんの中にも70歳以上で頑張ってくれている方がたくさんいます。
見習うべき先輩達がたくさんいるこの環境に感謝し、
私も前向きに生きる力、自分を信じる心を鍛えていかなくてはいけません。

 

(あすか)

今おもうこと 8月

菜の花通信を書き始めた今日は立秋。
同日に予定されていた夏の甲子園は、台風5号の影響で8日に順延となりました。
高校球児が繰り広げるドラマと共に、いよいよ日本中に夏休みが訪れます。
親元を離れ、新社会人として頑張ってきた若者も、この夏は故郷に帰るのかな。
少ない給料をやりくりして旅費を工面し、心ばかりのお土産を買って故郷へ。
小学校の校庭で開催される盆踊りに行けば、地元で頑張っている懐かしい顔にも会える。
距離や時間の隔たりを超えて、もうひとりの自分を見つけたような気持ちになれる時間なのかもしれません。
毎年のことですが、これから中継される試合の、白球を打つ金属音や歓声に、
過ごしてきた夏を思い出したりします。
過ごしにくい日々が続きますが、どうぞお元気でお過ごしください

丸山秀樹