菜の花通信

月別アーカイブ: 2017年10月

正木の家 10月

★今日も来てくれるかなぁ〜

入居者様3名には訪問マッサージがあり、歩行練習も行ってくれています。
施術は30代の男性2名。
若い男性と手をつないで歩く事をとても楽しみにしておられる様子。
特に、N様は「 今日○○先生来る?」と何度も確認し、
訪問時間前になると、時計を見ながら
「あと3分…。あと2分…。」とカウントダウン。
先生が顔を出すと、「 ○○先生!」と名前を呼び、満面の笑です。
マッサージ中は「 先生いい人いないの?」 「結婚しないの?」と
先生の女性関係をチェック。
歩行練習になると「色っぽく立てばいい?」と先生に猛アピールされて
います。
先生も「そんな事しなくていいから」とそっけなくも
笑顔で優しい対応をしてくださり、そんな2人の掛け合いを見ていると、
なんだかこちらが微笑ましい気持ちにさせられます。

いくつになっても異性の目を意識していると、
肉体的にも精神的にも若々しさを保つ効果があり、
更に認知症予防にも有効なのだとか。
「 ときめき」を感じると脳が活性化し、ドーパミン等の良い神経伝達物質の分泌が活発になるとの事。
男性職員の少ない正木の家に、この先生2人は「ときめき効果」をもたらしてくれています。

いつまでも若くいたいならトキメキ!
大切なようですよ。        

(あすか) 

今、おもうこと 10月

平成14年の始め、住宅生協という団体から事務所を借りて
事業を始めたのですが、先日その団体から会員(労働組合員)
OBの介護予防となるような仕組みができないか?と
相談がありました。
具体的には、社交ダンスや英会話教室、麻雀に囲碁将棋、詩吟など。
とにかく安価で無理なく楽しめて、家から出る気になれる催しを!との事。
会場となる場所も、その団体の関連で駅前ビルの会議室やホールが利用可能
とか。
聞くところ、愛知県下には数十万人の会員がいて、
講師がつとまるほどの達人もけっこうおられるとか。
なにやら壮大な話ですが、生涯現役をひとりでも多くの高齢者が実現できれ
ば最高ですので、ここは知恵の絞りどころ。
自分も一緒に楽しめたら尚良しですよね。

季節の変わり目ですが、どうぞお元気でお過ごしください。

丸山秀樹