菜の花通信

月別アーカイブ: 2018年1月

松原のいえ 1月

年末のYさんのお楽しみは宝くじ!

当たっても使い道もないし・・なんて言いながら、今年もちゃんと買われました(笑)

朝食の時、二人で3億円当たった設定で使い道をあれこれ考えてみました。

Yさん:1割は買って来てくれたアヤちゃんにあげないとね。

あとは菜の花のみんなにも半分あげよう、それとちょっと旅行に行って、

みんなで美味しいものを食べにいこう!

それから・・・うーんどうしようかな?

なかなか次の使い道が出て来ません。

私が、あれは?これは?といろいろ使い道を提案しても、あんまり乗り気じゃない様子。

私が「3億円もいらないね〜」と言うと「本当だなぁ〜」とYさん。

二人でわっはは〜 と笑い、結局今まで通りが

一番だねと言うことに落ち着きました。

 

(あや)

 

正木の家 1月

正木の家は年末からT様が熱発され、バタバタと新年を迎えました。

インフルエンザが心配だったので29日には北川先生にお願いし検査をしてもらいました。

結果は陰性でひと安心。

97歳という年齢だけに熱発すると心配になってしまいます。

息子さんにも連絡すると、その日のうちに来て下さいました。

様子をみてちょっと安心され、

「 明日から東京に行くんだけど、ババァがどうなるか分からんから海外には行けん」と

言っておられました。

言葉は乱暴ですが、お母様に対する深い愛情がひしひし伝わってきました。

元日の朝には熱も下がり、起こしに行った私に一言、「無理しちゃいかんよ 」と。

こんな時に他人を思いやる器の広さ!

T様が息子さんやお嫁さんから愛されているのも、職員がT様を大好きなのも、

このお人柄なのだと思います。

認知症故に発する言葉が少なくなっても、その人からにじみ出る人柄は変わりません。

まだまだT様から学ばせてもらうことはたくさんありそうで、

いつまでもお元気でいてほしいものです。

(あすか)

今おもうこと 1月

人生フルーツというドキュメンタリー映画、
ご覧になられた方も多いかと思います。
ニュータウン設計を手掛けたエンジニアが、その手法に疑問をもち、
家族と共に手作り生活を始める・・という内容です。
落ち葉が土に変わるように、長い時間をかけて自分の一生を手作りしていく。
そして最期は自分も土に返る。
素晴らしい記録映画ですが、同時にこの国においては線路を外れ、
他と違う生き方を選び継続していくことが、
すごく難しくなっていることに気づかされます。
たった一度の人生。
誰かと同じモノサシでくらべる必要はないと、
今更ながら強く感じました。

寒に入り寒さもこれからが本番、
どうぞお元気でお過ごしください。

丸山秀樹