菜の花通信

月別アーカイブ: 2019年8月

ハイ!こちら菜の花訪問部

訪問介護の持ち物。
冬は手袋やマフラーなど、やたらと荷物が多いけれど、
夏だってどうしてどうして。なんだかんだと多くなります。

特に自転車を駆使する身としては、帽子、サングラス、アームカバーは三種の神器。
さらに、500ミリのマグボトル。ペットボトルよりやっぱりサーモスが冷たさ長持ち。
でも途中で飲み物を買い足すこともあるので、ペットボトルカバーも持ってます。

歩く可能性があるときは折りたたみの日傘。信号待ちの間にもすぐ取り出せる
場所には虫よけスプレー。その他にも、風にあたるとヒヤッとするタオルとか、
サラッと汗拭き用のナニかとか、折りたたみの扇子とか・・・
(ここまで書いて気がついたけど、意外と日焼け止めは持ち歩い
ていない私でした)

夏の必携グッズ、おすすめがあったら教えてくださいね!

正木の家8月

★ちゃんとみていますか?

正木小学校の盆踊りの日、入居者N様が発作で救急搬送されました。
日中はいつもとお変わりなく、夕食もしっかり完食されていたのですが、
夕食後の口腔ケア時に左半身の痙攣が始まり、時間を追うごとに痙攣はひどくなり、
発汗、発熱もあった為、救急搬送となりました。

病院で点滴、CT検査で脳に異常はなく、痙攣も収まった為、その日に帰所となりました。
もともとてんかん発作を持っておられ、何度か救急搬送や入院をしておられました。

特に夏に発作が起こることが多く、脱水にならないよう水分摂取には気を付けていたつもりでした。
毎食のお茶は必ず飲んでもらうようにしており、それに加え10時、15時、入浴後の水分補給も行っています。

しかしこの日は、状態からみても、脱水状態だったのだと思います。
これだけ飲んでいるから大丈夫だろう、この決めつけが間違っていたのだと思います。
その日によって気温も違う、入居者様の状態も違う、決まった事さえやっていれば大丈夫
なんてことはないのです。

その日の入居者様、その時のご様子をしっかり観察するべきでした。
その日のN様をしっかり見ていれば防げた発作かもしれません。

観察、観察。もっと観察力を養おうと思いました。
盆踊り楽しみにしていたのに。行かせてあげたかったなー。

あすか