菜の花通信

カテゴリー別アーカイブ: ヘルパーのつぶやき

のいえな毎日(松原のいえ編)

私たち日本人のDNAには「寿司が好き」と刷り込まれているのか。何度も書きましたが、松原のいえ4人の住人さんも、もちろんお寿司大好き。誕生会、クリスマス、お正月、なにはなくともお寿司ラブなのです。少し前までは回転寿司に出かけ、まわる寿司を見つめすぎて目を回すほど楽しんだものですが、車イスの方が増えたこともあり、この頃は出前が主流です。
盛り合わせ寿司と、伊勢山の肉屋「戸松」さんのタコ唐揚げ(肉屋ですが、なぜかこれが旨い)が定番。
当日は、やはり寿司ラブなスタッフもソワソワと集合し、住人さん4名に対しスタッフ6名という手厚さです(笑)。
乾杯もそこそこに、食べる食べる。いつもとはお箸の勢いがまるでちがいます。総入れ歯のおふたりも、見事な食べっぷり。
N様(99歳)にいたっては、スタッフが目を離したスキに唐揚げの大皿から手づかみで食べようとして、あわてて止められる始末。
今月25日には、正木の家で職人さんを招いてのお寿司大会。この日は「道場破り」的な勢いで、松原のいえの住人さんたちも集結します。皆さん、どんな食べっぷりを見せてくださるのか、楽しみなようで、ちょっぴりこわいような・・・。 (玉)

ヘルパーのつぶやき  H26.3

名古屋にも雪が数センチ積もった日。送迎の仕事は早朝からキャンセルの依頼が多かったのですが、訪問介護はいつもどおり。「これでは出勤できないヘルパーさんもいるかなぁ」と覚悟して会社に向かいました。
事務所について確認すると、ヘルパーさん全員がいつもより早起きして、徒歩や公共交通などそれぞれに工夫をして訪問してくださっていました。仕事なので当然といえば当然ですが、車でしか訪問できないお宅を一軒除いて、この日の仕事もパーフェクトに終了!
自画自賛かもしれませんが、すごいぞ菜の花ヘルパーさん、と思った雪の日でした。
花粉に梅雨に紫外線、これからもいろんな季節をたくましく乗り越えていきましょう!  (玉)

ヘルパーのつぶやき  H26.2

12月に引き続き、今月は事務所で新型ベッドのデモンストレーションがありました。主にケアマネージャーさんに向けたデモでしたが、「パラマウントの営業さんがイケメン」という情報が伝わるや、訪問スタッフ一同たちまち集合!
ふだん高齢者さんばかり見ているから、若い男性へのハードルがどんどん下がっているのでは?という懸念も抱きつつ・・・。でも本当に一生懸命で素敵な営業さんでした。
思えば前の事務所のころは、狭くて畳敷きで、とてもベッドを置いて動かすなんてできなかったので、こんな機会もなかったのです。やっぱり引っ越ししてよかったですよね! などと、小さな喜びを再確認する訪問部女子一同でした。(玉)

ヘルパーのつぶやき H26.1

デイサービスへの外出をしぶる利用者さんはけっこういらっしゃいますが、寒い朝はますます拒否する方が多くなります。「頭が痛いから、今日はやめておきます」「家を空けるのが心配」「水曜日は気の合わない人が来るから」・・・などなど、行きたくない理由は様々です。もし私が行く側なら、「人の多いところへ出かけていくより、今日もこたつの中でまったり過ごしたい」などと、やはり思うかも。でも「デイサービスへの送り出し」を援助目標として訪問している以上、なんとかしてお出かけしていただかなくてはなりません。あの手この手で玄関までお連れし、ようやくデイサービスの送迎車に乗りこんでいただけたときは、心の中で思わずガッツポーズです。出かけるときはいやがっておられた利用者さんも、帰宅したときには「お風呂が気持ちよかった!」「やっぱり行ってよかった!」とおっしゃることがほとんどなので、やっぱり明日も笑顔でお出かけしていただきたいなーと思います。   (玉)

ヘルパーのつぶやき  H25.12

お世話になっている福祉用具の会社の方が、介護用ロボットスーツの試作品を持ってきてくださいました。それを身につけると、少しの力で相手のからだを持ち上げたり、移乗したりができるというものだそうで、試着もさせていただきました。

将来的には着た人の呼吸の強さで操作することになるそうですが、この日は横でボタンを押してもらってのお試しです。せぇの~、で操作をしてもらうと、腰を誰かにうしろから持ち上げてもらっているような、同時に太もも部分もサポートされているような感じ。

たしかに、これが普通に使いこなせるようになれば、腰痛防止の強い味方になりそうです。

ロボットといえば、数年前、自動尿取りロボットをいちはやく使われたご家庭がありましたが、あと始末がけっこう大変で、何よりも使われたご本人の拒否が強く、すぐにやめてしまったことがありました。そりゃイヤですよね、オムツの中で機械が動いてオシッコが吸われるなんて。

私たちが後期高齢者になるころの、近未来の介護業界はどうなっているのでしょう。みんなが幸せになれるロボットが完成しているといいですね。   (玉)