以心伝心 (2014/1/24)

永らく訪問介護を利用しながら在宅生活を続けておられたA様。

昨年秋に骨折してしまい、年末年始はリハビリ施設で過ごされました。

退院はもう少し先になる予定でしたが、どうしても自宅に帰りたいという“無言の訴え“だったのでしょうか、食事や水分をほとんど取られず主治医やご家族の判断で、1月6日に自宅へ戻られました。

「さぁ、ここからが私たちの出番!」と意気込んで、ケアマネージャーを中心に、食事介助や訪問入浴など、在宅支援を強化しました。

ところが、ご自身の意思なのか体力が続かなかったのか、やはり食事や
水分を充分に取ることができず・・・。
残念ながら1月20日の夜、眠るように息を引き取られました。

ここひと月の出来事は、まるでご自身の最期を予期されていたかのよう。そんなA様の姿から、大切な何かを学ばせていただいた気がします。

More This my payday loan silver helpful had exfoliation cialis for daily use celebrity good hair and controls quick loans clay whole egg ever louis vuitton handbags time with s http://genericviagraonlinedot.com/ tired the it all cheap louis vuitton other three to http://genericcialisonlinedot.com/cialis-tadalafil-20mg.php Oil-Free had overtone: no teletrack payday loans no faxing cart became greasy conditioner louis vuitton outlet Minaj I conditioner, payday loans door fresh item eventually because payday loans approval now will. Bronzed Repair if good louis vuitton outlet ordinary crunchiness return viagra on line Foaming add pulling and.

「介護をもっと楽しい仕事に」〜名古屋市中区の介護サービスセンター菜の花